• 京都・伏見にある体験農園(サポート付き貸家庭菜園)です

    先日のにんじんは近々食べるための保存

    今日は食べるためではなく、来年の植え付け用の

    里芋と長いもを保存します。

    去年同様、70~80cmぐらい穴を掘って

    掘り起こすときにわかるようにネットを入れます。

    まずは長いもを並べて。

    そして里芋を天地逆さにして入れておきます。

    土をかぶせて、雨がかからないように

    波板をかぶせておきます。

    長いもは3本分ぐらい、里芋は5株ぐらい。

    来年植え付けるときに、お客様にも

    お分けできるように多めに保存します。

    ん~、でも

    これでも足りるかな (^-^;

    ランキングに参加しています。

    下のバナーをポチっとお願いします。

    にほんブログ村


    家庭菜園ランキング


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com