• 京都・伏見にある体験農園(サポート付き貸家庭菜園)です

    作り続けているヒョウタン

    本当にボチボチで作業しています。

    日曜日やっとですが、一番粒の細かい紙やすり

    #400で磨きました。

    これが磨く前。

    磨いた跡がこちら。

    服が粉だらけ。

    ヒョウタンをティッシュペーパーで拭き拭き。

    全部で4つ磨き終わりました。

    ここで、ふっと考えてみると・・・・。

    (´-ω-`)う~む

    水筒用に使うなら、水漏れ対策が必要とのこと。

    一輪挿しの花瓶代わりに使っている分には

    洩れてはいないのですが、

    周りに塗っている油性のニスでは

    中に口にするものは入れられない、

    ですね (>_<)

    口にするものを入れるなら

    日本酒や柿渋、あるいは食品用の塗料のようなもので

    ヒョウタンの中をいわばコーティングしなければならない

    ことになります。

    調べると、かなり手間そうで費用も掛かる?

    で、実際には水筒として使うのも

    使うたびに干したり、

    現代においては実用性がなかったりする?

    それに水を入れたときにどれくらいの匂いが

    ついているのか今のところ不明。

    たんにニスを塗って観賞用にするか、

    水筒にもできる体裁で観賞用にするか、

    ヒョウタンランプのようにくり抜いていくか、

    あるいはこのままメルカリにでも出して

    他の人に使い道はお任せするか?

    今思案しています。

    ( ̄へ ̄|||) ウーム

    ランキングに参加しています。

    下のバナーをポチっとお願いします。

    にほんブログ村


    家庭菜園ランキング


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com