• 京都・伏見にある体験農園(サポート付き貸家庭菜園)です


    味噌を容器に詰めて一か月。

    お手入れのために、調理台の下から出してきて

    見たほうが良いのですが、ちょっとさぼり。

    実際のところは3か月ぐらいしてから様子を見ました。

    重しを取ってラップを外すとこんな感じ。

    味噌だまりの汁が出てきています。

    3か月も置いていたので、味噌だまりも濃い色に

    なってきました。

    嘗めてみるとまだ塩辛いだけ、という感じです。

    消毒した木べらで天地返し。

    味噌だまりごと味噌の上下をひっくり返します。

    こうして、麹菌に酸素を補給し発酵を促します。

    均等に混ぜ合わせ、均等に発酵させるように1,2か月おきぐらいに

    混ぜ合わせます。

    充分混ぜ返せたな、と思ったらまた戻します。

    容器内側にアルコールスプレー。

    カビの発生を抑えます。

    ラップをして、重しをして調理台の下に。

    1,2か月置いておきます。

    やはり、手入れの手抜きはいけません。

    ほっておくとカビが、その対処法も含めて次へ

    ブログランキングに参加しています。


    にほんブログ村


    家庭菜園ランキング


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com