• 京都・伏見にある体験農園(サポート付き貸家庭菜園)です

    5月上旬、苗ポットに種を蒔きます。

    写真は白菜やキャベツの苗づくりですが、

    ヒョウタンも同様に苗ポットに種を蒔き

    防虫ネットで覆います。

    ウリ科の野菜は、ウリハムシなどに食害されることが多いです。

    特に苗が小さい時には。

    そのために防虫ネットで防ぐ必要があります。

    苗ポットで栽培している間は、土を乾燥させないよう

    湿った状態を保つよう水遣りが欠かせません。

    そして5月末、定植。

    4週間苗ポットで育てた苗。

    少し大きくしすぎました。

    3週間目ぐらいで大丈夫でしょう。

    ヒョウタンは同じウリ科でも強いです。

    ウリ科の作物は本葉4,5枚ぐらいですと

    上の写真のようにスイカキャップでカバーしないと

    虫の被害が出るのですが、

    ヒョウタンは大丈夫です。

    また、その強さは交雑にも表れていて

    近くにウリ科の作物があると

    交雑してヒョウタンになってしまうこともありますので

    必ず、ウリ科の野菜から離して植えます。

    定植して根付いたら、次は支柱立てです

    ランキングに参加しています。

    下のバナーをポチっとお願いします。

    にほんブログ村


    家庭菜園ランキング




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com