• 京都・伏見にある体験農園(サポート付き貸家庭菜園)です

    予報では雨でしたが、結局一日降りませんでした。

    まずまず、というところです。

     

    さて、秋冬野菜の植え付けに忙しくなっている農園ですが、

    その秋冬野菜はアブラナ科が多い。

    虫がつきやすいです。

    当園はもちろん無農薬なので

    薬の使用は一切お断りしています。

     

    農園としては薬ではないですが、

    虫よけに竹酢液エキスを作って使ってもらっています。

    その竹酢液エキス、今日作りました。

    竹酢液にニンニクと鷹の爪を混ぜ込みます。

    竹酢液とは、「竹を蒸し焼きにして炭化するときに

    煙突から出る排気ガスを採取し、

    それを冷却することで液化させ収集したもの」です。

    木酢液もありますが、木はどんな廃材を燃やしたものか

    わからないので、使っていません。

    竹なら廃材ということはないでしょうし。

    そしてこれなら薬とは言えないものです。

     

    まずはニンニクの皮を取り、

    すりつぶし器ですりつぶします。

     

    そして鷹の爪を細かく切って。

     

     

    瓶に入れて、

     

    これで、約一年寝かしておきます。

    今日作ったのは来年分。

    いつもはニンニクの収穫できた6月ごろに作るのですが

    今年は遅くなった (;^_^A

    ちなみにニンニクも鷹の爪も

    当園で作ったものです。

     

    今年の分はすでにあります。

     

    この竹酢液のエキスを水で薄めて、

    噴霧器でプシュップシュッと葉にかけます。

    よく「プシュップシュッしといてください」

    などと言ったりしています。

    虫を殺す力はありませんが、

    虫よけの一助にはなります。

     

    あとはお酢も用意していますし、

    最終虫駆除兵器 ”テデトール”

    (手で取る)

    のためにピンセットも用意しています。

     

    ランキングに参加しています。

    下のバナーをポチっとお願いします。

    にほんブログ村


    家庭菜園ランキング




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com