• 京都・伏見にある体験農園(サポート付き貸家庭菜園)です

    本日は農園は休ませていただきました。

     

    この機会にと、今日は十三の第七芸術劇場へ映画鑑賞。

    映画「SEED ~生命の糧~」を見てきました。

     

    世界的に問題になっている遺伝子組み換え作物、

    野菜の種・品種の多様性の喪失についての映画です。

     

    具体的に「モンサント」や「ダウケミカル」の問題、

    様々な品種を維持することの重要性などが語られています。

     

    日本においても「種子法」が廃止され、種の自由化、

    民間に任せようという動きになっています。

    また、国からお金は出せない、という政策でしょうか。

     

    しかし、それが「モンサント」や「ダウケミカル」などの

    外資の進出・支配に結びついてしまうことも考えられます。

    そしてその外資は遺伝子組み換えの種子を「F1」で

    販売したりする。

    安くなるものが安くならず、かえって高くなったりする可能性もあるわけですね。

    映画ではインドで種の為に農家が破産する話もありました。

     

    また、特に日本人になくてはならないコメなどを

    各都道府県に合った形での開発・改良が公共団体で

    出来なくなったりの弊害も考えられると思います。

     

    主要農作物でもない野菜でも、常に心配しているように

    「F1種」などもあって毎年買わなければならないもの

    もあったりします。(どんな改良・改悪がされているかわからい)

     

    種が取れるものはこれからも自家採種していこうと思います。

    それが当園の気候・土に一番合った種ですね。

    エイエイオー!( ̄0 ̄)〇!

     

    やっぱり「種子法廃止」は反対ですね。

     

     

     

     

     

    ランキングに参加しています。

    ポチっとお願いします。

    にほんブログ村


    家庭菜園ランキング




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com