• 京都・伏見にある体験農園(サポート付き貸家庭菜園)です


    昨日からの雨はいい雨でした。

    ずっとお天気続きで一雨とおもっていたところに、

    しかしこの週末のお天気が良くなさそうな予報で少し心配です。

    さて、本題。

    味噌作りの続き。

    煮豆と米麹・塩を混ぜ合わせたものを保存容器に詰めます。

    手でグッと抑えて隙間のないようにしますので
    手が直接味噌に触れます。

    雑菌が入らないように手をアルコール消毒して

    詰めていきます。

    ビニール手袋をしていても同じくアルコール消毒を。

    容器内側の周りについた味噌もきれいにふき取り

    平らにします。

    一面にラップ掛け。

    ラップをかけて容器内側にもアルコールスプレーをします。

    蓋をして重しを載せて、寝かせます。

    蓋少し小さいですが大丈夫。

    容器一面ぴったりのものがなかったもので。

    重しは味噌と同じくらいの重さ、この場合5kgは必要です。

    重しや蓋にもアルコール消毒。

    ともかく雑菌には注意。

    夏よりも空気中の雑菌が少ない冬に

    仕込むのがいいとされているぐらいです。

    豆の収穫できる時期でもありますが。

    保管場所は涼しく温度が一定のところがいいです。

    シンクの下は油や水を流すので温度が不安定。

    地下収納や調理台の下がよさそうです。

    という訳で調理台の下に収納。

    写真はなし(少し汚かった。) <m(__)m>

    あとは時間の経過。1か月ぐらいしてからお手入れ。

    一か月後の味噌の様子です。

    ブログランキングに参加しています。


    にほんブログ村


    家庭菜園ランキング


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com